唐澤貴洋はなぜ無能弁護士・悪徳弁護士扱いされた?

前章では、唐澤貴洋が面白がられたり茶化されたりしてしまった原因について見てきました。

しかし、唐澤貴洋弁護士は面白がられたり茶化されたりしただけではなく、「無能弁護士」「悪徳弁護士」や「詐欺師」という批判を浴びせられてもいます。
唐澤貴洋弁護士はなぜ無能弁護士の烙印を押され、悪徳弁護士のレッテルを貼られてしまったのでしょうか?唐澤弁護士は何をしたゆえに詐欺師呼ばわりされてしまったのでしょうか?
このページでは、ネットユーザーが唐澤弁護士を批判する際によくやり玉にあげられるエピソードをご紹介します。

 

なお、以下は「一般のネットユーザー達が唐澤貴洋弁護士に対してもっている印象や評価がどこから来ているのか」を客観的にご紹介するものであり、必ずしも当サイトの見解を示したものではありませんのでご注意ください。

「ネットに強い弁護士」と宣伝しながら、実際は全くネットに詳しくないとされた。

唐澤弁護士は自身のことを「ITに強い弁護士」と宣伝しておりましたが、ネットユーザーからは唐澤弁護士のIT知識・スキルはきわめて低く「看板に偽りあり」だとみなされてしまいました。

発信者情報開示を得意分野に掲げる唐澤弁護士は、業務の一環として2ちゃんねるに開示請求のスレッドを立てる必要があります。しかし、スレの立て方を知らなかった唐澤弁護士は、2ちゃんねる上で「弁護士唐澤 貴洋」と名乗り、不特定多数のユーザーに「私の代理として開示請求のスレを立ててほしい」と依頼しました。


これに対して、「弁護士ではない者が弁護士の名前でスレを立てることには問題があるのでは?」とか「同業者さんに聞いた方が早いのでは?」、さらには「報酬もらって業務としてやってるなら、自分で調べろ。無料で手伝わせるとかふざけるな」などと、名無しのユーザーたちから厳しい批判を浴びせられることとなりました。

 

なお、上記のやり取りはH君の事件が起きる半年前のことです。つまり、H君の一件で注目される以前から、唐澤弁護士は「ネットに詳しくない弁護士」として批判されていたということです。

唐澤弁護士がネットに弱いとされた原因は他にもあります。法律雑誌『Law&Practice』に掲載された座談会記事のエピソードを見てみましょう。唐澤弁護士と同じくIP開示を生業とする弁護士により、2015年5月に行われた座談会です。

この記事で印象的な1シーンとしてよく挙げられるのが、以下のやりとりです。

 

唐澤:ログの保存期間て法律で決まっていないのですか?
一同:決まっていない。

 

「一同」という書き方からは、同じIP開示弁護士の中でも唐澤弁護士だけがツッコミを受けているような印象を受けます。

この時点で唐澤弁護士はIP開示請求業務を3年以上にわたり行っており、自身の得意業務としていの一番に挙げているにも関わらず、未だに業務に関する基礎知識すらない、と批判されてしまいました。


この記事から読み取れることは他にもあります。
「唐澤貴洋は専門外と言えるほどネットに弱いのに、どうして自分のことをネットに強い弁護士として宣伝しているのか?」というネットユーザーの疑問の答えとされるものがこの記事に載せられていたのです。

それは、記事中で紹介された唐澤弁護士のプロフィールです。

 

インターネット上の権利侵害の法的問題に興味をもったのは,2ちゃんねるの記事の権利侵害に対応できないか,という法律相談を受けたためである。その相談を検討するうちに,インターネット上の権利侵害の法的問題は,専門知識が必要なので,競合者が少ないことに気付いた。

 

この記述は「別に専門分野でもないのに、単にライバルが少ないから『ITに強い』と名乗っている」と解釈されてしまい、実際に問題を解決できていないことから「依頼者の無知につけ込んだ詐欺まがいの悪徳弁護士」として批判されてしまいました。

余談ですが、唐澤貴洋がテレビ出演を繰り返すようになり、唐澤弁護士の奇妙なパソコン操作が注目されました。

唐澤弁護士は、マウスを前後逆に持って操作しているのです。これは映像で何度も確認されています。

 

このような不思議な操作方法をする理由はわかりませんが、もしかしたら唐澤弁護士が左利きであることが関係しているのかもしれません。とはいえ、左利きの方がマウスを使う際は「設定でボタンの正副を入れ替える」か「左利きでもマウスは右手で使う」のが一般的と思われます。

 

このことから、唐澤弁護士は「IT以前にマウスの持ち方すら知らない」と揶揄され、マウスの前後を逆にして使うことを「尊師持ち」と名付けられてしまいました。

依頼を長期間放置したことでIP開示に失敗したとされた。

2ちゃんねるやプロバイダーに通信ログが保存されている期間は、法律では決まっていませんが、一般に3ヶ月~6ヶ月程度といわれております。開示請求は、2ちゃんねるとプロバイダーの両方にログが残っているうちに行わなければなりませんので、弁護士の開示請求業務は時間との勝負であるといえます。

しかし、ある案件で唐澤貴洋は、裁判所から仮処分命令を取り付けた後およそ1ヶ月半も案件を放置してしまったことが知られています。その間、唐澤貴洋はいったい何をしていたのでしょうか?

偶然かもしれませんが、唐澤弁護士が2ちゃんねる相手に集団訴訟を起こすと息巻きFacebookに連日投稿を行っていた時期が、この依頼を放置していた期間と重なっています。(Facebookの投稿について詳しくは前章をご覧ください。)

 

このことから、唐澤貴洋は「Facebookでの演説に夢中になって本業を忘れる弁護士」として批判されてしまいました。

Facebookへの投稿もひと段落した1ヶ月半後、ようやく2ちゃんねるに対し開示請求を行った唐澤弁護士。しかし、ミスにミスを重ねてしまいます。あろうことか、開示対象となるレスの番号をすべて間違えて請求してしまったのです。
もし誤ってこの請求が通ってしまった場合、依頼者のIPが開示された可能性もあったといわれています。弁護士として役に立たないどころか、味方を撃つようなミスです。

このことから、「杜撰な仕事ぶりで依頼者に迷惑をかけている」と批判されてしまいました。

このミスが掲示板上で指摘され、2日後に唐澤弁護士は改めて正しいレスを指定した開示請求を行います。
しかし、開示請求まで時間をかけすぎたせいか既に通信ログは消失しており、IP開示は失敗に終わりました。

このエピソードは、唐澤弁護士を無能弁護士、着手金詐欺に近いと批判する際によく挙げられるエピソードです。
しかし、この件にはさらなる裏話があるとされています。

この案件の依頼人であるS氏は、大企業T社を退職した元社員であり、「過酷な業務が原因でうつ病を患い、不当に解雇された」としてT社と訴訟関係にあった方でした。このたび開示請求の対象となったのは、まさにこのT社について語るスレッドにおいてS氏に対する誹謗中傷が書き込まれたものでした。これを書き込んだ者がT社側の人間である可能性もあり、そうであればこの案件はS氏とT社の法廷闘争にも影響しうる重要なものであったといえます。
しかしながら結果は、唐澤弁護士の不手際もあり開示失敗。うつ病を患っていたS氏はこれを受け「どうも生活が乱れ、やる気が起きません。私がネットで誹謗中傷された事で、弁護士を通して情報開示を行ったのですが、結局情報開示ができない、という結果になり、それで気が抜けてしまったというのもあるかもしれませんね。。。」とブログに綴っています。精神的な病状にも悪影響があったと推察されます。

さて、その一方で、唐澤貴洋の父親は当時T社の監査役を勤めていたことが知られています。

つまり、唐澤貴洋にとってT社は「父親の顧客」という立場になります。


このことから、唐澤貴洋があえて1ヶ月半も依頼を放置し、S氏から依頼されたIP開示請求に失敗したのには何か裏があるのではないかと邪推され、唐澤貴洋が悪徳弁護士だという評判のもととなってしまいました。
父親の繋がりで、わざと開示請求を失敗させたのだとしたら「悪徳弁護士」、わざとではないのに1ヶ月半も放置したりレス番指定を間違えたりしたのだとしたら「無能弁護士」と、どちらに転んでも唐澤弁護士にとっては悪評のもととなってしまった事件といえそうです。

ログが存在しないことが明白である開示請求を受任し、着手金をせしめたとされた。

2ちゃんねるやプロバイダーにログが保存されている期間は、法律では決まっていませんが、一般に3ヶ月~6ヶ月程度といわれております。

しかし、唐澤弁護士はなんと7年前の投稿に対するIP開示請求を受任したことがあります。

 

7年前のログが2ちゃんねる・プロバイダーの両方に残っている確率はきわめて低いと考えられます。実際、これ以前にも唐澤弁護士は2年前の書き込みに対する開示請求を請け負っておりましたが、ログが存在せず開示に失敗しています。
そのため、「開示に失敗することが明白であるにも関わらず、着手金欲しさに受任したのでは」と批判されました。
 

開示請求の結果はもちろん、ログが存在しないため開示に失敗、というものでした。

依頼人にとっては、見られたくない投稿がネットユーザーの余計な注目を浴び、開示請求には失敗し、それでいて(おそらく)唐澤弁護士には着手金を支払ったことになります。このような結果は誰もが容易に予測できたはずですが、唐澤弁護士は依頼人に説明責任を果たしたのだろうか?と疑念が寄せられました。

専門外の医療訴訟に手を出した結果、全面敗訴したとされた。

唐澤貴洋弁護士の専門分野はIT関連(IP開示請求)と思われがちですが、実際は遺産相続、労働問題、債権回収、刑事事件、会社法一般、税務訴訟、不動産、高齢者・障害者問題、学校における紛争対応など、多岐にわたるジャンルが得意分野として宣伝されています。


これだけ多くの得意分野が挙げられる中で「医療訴訟」はどこにも挙げられておらず、唐澤貴洋弁護士にとってはまったくの専門外であることがうかがい知れます。
そもそも、IP開示請求などとは違って医療訴訟は専門性が高く、たとえ弁護士でも安易に受託できるものではないとされております。法律の知識に加え、医師と渡り合える程度に医学に関する知識も必要とされるからです。
しかし唐澤貴洋は2015年に医療訴訟を受託したことで知られています。

裁判の内容は、ステロイド剤の過剰処方によりパニック症状や色素沈着が生じたとして患者が医師を訴えるものでした。

一審で裁判所は、医師の注意義務違反については完全には否定しませんでしたが、仮に注意義務違反があったとしても症状との因果関係はない、との判断を下しました。

これを不服とした患者側が、医療訴訟の経験が皆無である唐澤貴洋弁護士を起用し、控訴審に臨んだのです。(医療訴訟を得意としている唐澤貴夫弁護士と間違えたという説もあります。)


控訴審で唐澤貴洋弁護士は「ステロイド剤を過度に減薬したことで離脱症状が出た」などと新しい主張を持ち込みましたが、結果は敗訴。

一審で判断されなかった医師の注意義務違反すら否定された全面敗訴であり、原告の患者にとっては、控訴したことで逆に不利な判決が下された(何もしない方がましだった)という最悪の結果となってしまいました。

この判例は専門誌にも掲載され、唐澤貴洋弁護士の無能ぶりが医療訴訟界に晒されてしまった、とされています。

 

このような実態にもかかわらず、唐澤弁護士は著書で、

 

私の弁護士業務としてインターネット上の誹謗中傷案件しか担当していないと思われている方がいるのですが、独立から今までさまざまな案件を担当してきました。時には、生徒の立場に立ち、学校と戦い、時には、医療過誤の被害者の立場に立ち、病院と戦い、時には、労働者の立場に立ち、企業と戦ってきました。

 

と、自分の実績のひとつとして医療訴訟を挙げているのは注目に値します。

自分に殺害予告した未成年者に対し法外な賠償金を請求したうえ、逆に弁護士を立てられたので逃亡した、とされた。

2012年7月頃から、面白がって掲示板に「唐澤貴洋殺す」と書き込む不届きなユーザーが現れ始めます。最初にこれを書き込んだのは、東京都の高校生ユーザーとされており、使用していたプロバイダーから通称「dion君」と呼ばれています。

未成年者が遊び半分でした行為とはいえ、自らに対する殺害予告を唐澤弁護士が見逃すはずもありません。得意のIP開示によりこのユーザーを特定した唐澤弁護士は、すかさずこのユーザーに300万円の賠償金を要求する書面を送りつけます。
これに対しネット上では、殺害予告をしてしまったdion君が悪いのは当然としても、書き込み1回の損害賠償金として300万円というのは果たして妥当な金額なのだろうか?と話題になりました。


参考までに、脅迫行為に対する示談金や慰謝料の相場について、唐澤弁護士もたびたび寄稿している情報サイト「弁護士ドットコム」にはこのような記載があります。

 

脅迫事件の示談金相場は、概ね10〜30万円となっています。

 

 
民事裁判で慰謝料を請求した場合は、どの程度の精神的苦痛があったのかを金額として算定するため、事件内容によって金額は様々です。

 

例えば、電話口で「殺す」などと叫ぶ程度では、数万円から10万円程度しか慰謝料が認められず、刃物を突きつけて脅した場合には、「殺されるかもしれない」という強い恐怖を感じるため、50万円程度の高額な慰謝料が認められる可能性もあります。

 

後者のような例は一般的なケースではないため、相場としては示談金と同程度と考えておくとよいでしょう。もっとも、弁護士費用を30万円程度で考えると、場合によっては出費の方が高くなる可能性もあります。

弁護士ドットコムより)

 

唐澤弁護士が書面の中で300万円という損害賠償金の算定根拠・法的根拠を何ら示さなかったこともあり、「相手の弱みにつけ込んで、相場を逸脱した高額な賠償金を請求する恐喝まがいの行為ではないか」と逆に批判されてしまいました。


ちなみに、書面の中には「当職の受けた被害は甚大なものでありますが、早期の話合いができる前提で、請求額を一部にとどめ、損害賠償金として金300万円を請求致します。」「別途刑事告訴を行うことも検討している」という記載もありました。

すなわち、300万円払ってもそれはそれとして警察には訴える、ぐずぐずしていたら賠償金をもっと引き上げる、という意思表示です。


さて、この書面を受け取った高校生のdion君は「自分の非は認めるが、先方の主張する金額が正当かわからないので祖父に相談した。その結果、弁護士を立てて争うことにした」という趣旨の報告をします。

その後しばらく報告は途絶えたものの、3年後ふたたび掲示板に登場したdion君により、結局唐澤弁護士からそれ以降連絡がなくなったこと、賠償金は1円たりとも支払っておらず何ら実害がなかったことが明らかにされました。

この一連の出来事は「未成年者を相手に法外な賠償金をふっかけるも、相手が弁護士を立てたので慌てて逃亡した」として掲示板ユーザーに認識されてしまい、唐澤弁護士が無能弁護士・悪徳弁護士として批判される原因になってしまいました。

 

 

一方で、唐澤弁護士のdion君に対する「盤外戦術」も話題になりました。

 

唐澤弁護士は当時、dion君の親が経営する会社を特定し、監督責任を問うような電話をかけていたことが知られています。

これは唐澤貴洋自らFacebookで報告していたことから、本人は何の疑問も持たずにした行動だと思われますが、無関係な親の職場を特定して営業中に電話する行為が果たして弁護士のとる行動として正当なのかと疑問が呈されています。

 

また、ずっと後の2017年に行われたインタビューで唐澤弁護士は再度この件を持ち出しており、dion君を指して「都内にある印刷会社経営者の息子であった」と述懐してます。

「都内にある印刷会社経営者の息子」に該当する人物はそう多くはなく、個人を特定する大ヒントといえるでしょう。あと一つでも有力な情報があれば、ごく数人にまで簡単に絞り込まれてしまいます。
こうしてマスコミを利用して個人特定のヒントまでも公表するやり口は、結局法的手段で太刀打ちできなかった唐澤弁護士による腹立ち紛れの行動なのではないかと指摘されています。

自分の得になるネットリンチを容認し、感謝したとされた。

上記の、いわゆる「300万騒動」が起きた頃のことです。

当時、2ちゃんねるの「嫌儲板」のユーザーは「なんでも実況J板」のユーザーと敵対関係にありました。嫌儲板のユーザーはハセカラ騒動のことも良く思っておらず、300万円の賠償金請求についても「なんJ民どもめ、ざまあみろ」という態度を露わにしていました。

そんな中、あるユーザーがTwitterで唐澤弁護士に殺害予告をしているのが発見されます。(以降、このユーザーをP氏と呼びます)
嫌儲板でこのP氏を特定しようという気運が高まった結果、たったの数時間でP氏の本名・大学・電話番号・両親の本名等が特定されてしまいました。
嫌儲板のユーザーは、この本名をネット上にばらまきつつ、「犯罪者」「全力で追い込め」「自殺させて見せしめにしたい」などと書き、嬉々として晒し者にしていました。


P氏が晒し者にされたのは、ある意味自業自得かもしれません。
しかし、嫌儲板のユーザー達がP氏に対して行った私刑行為は、2012年3月になんでも実況J板のユーザー達がH君に対して行ったのとまったく同じ行為でした。
落ち度のある個人を見つけ、個人情報を特定し、晒し者にし、集団で攻撃を加えたのです。
この案件について、唐澤弁護士はどう反応したでしょうか。

H君の弁護人という立場にあり、ネット上での集団リンチに断固として反対すべき立場であるはずの唐澤弁護士は、あろうことか「件の大学生の書き込みについて、ネット上の心ある方々のおかげで、淘汰することができました」と発言。
このことから、唐澤弁護士は自分の味方であればネットユーザーによる個人特定・私刑をも容認する、倫理観の欠けた弁護士であるとして批判されました。


余談ですが、ハセカラ騒動のもう一人の主人公であるH君自身も、以前に他のユーザーの炎上事件に嬉々として加わり、最前線で参加していたことが知られています。(詳しくはこちら
マスコミでは、H君や唐澤弁護士ばかりが「炎上」の被害者として取り上げられがちですが、H君や唐澤弁護士も炎上を容認・協力する態度を示していたことは一考に値します。

発言に一貫性がなく、都合よくコロコロ主張を変えるとされた。

唐澤弁護士がその時々で都合のいい発言をしているとしてネットユーザーから批判を浴びている事項は他にもあります。

 

唐澤貴洋は、自らがネット炎上から受けたダメージについて、一貫性のない主張をしているとされています。

2015年1月に行われた座談会で、唐澤はこのように述べています。

 

出澤●自分がそういう攻撃のターゲットになっても精神的にまいらないタフさというのはどうやって維持されるのですか。
唐澤●やはりうつ状態になりました、夜寝られないとか。
池田●それはなりますね、通常なら。

唐澤●私は今、自分で事務所をやっております。仕事がこのままできなくなったらどうするんだろう、事務職員も雇っているので路頭に迷う、といったことを考えるとストレスが相当かかってくる。

 

この記事で唐澤は、誹謗中傷により鬱状態になった、仕事がこのままできなくなったら路頭に迷うことを考えるとストレスが相当かかってくる、と被害の度合いを告白しています。

ドキュメンタリー番組等でも、唐澤弁護士の主張はこの手の主張をしており、「かわいそう」と思う方も多いかもしれません。

 

しかしそのわずか4か月後、2015年5月に行われた別の座談会記事で唐澤弁護士はこのように述べています。

 

唐澤:一時、2ちゃんねるなんかだと、誰が削除請求したかとかを報告するスレがありましたよね。
清水:今もあります。
唐澤:そこで批評・論評にさらされるんですよ。
中澤:みな、悪口書かれたりしてますね。
唐澤:でも意外と業務には影響ないですよね。実は。
神田:ネットの誹謗中傷に耐えられるメンタリティがないと、この業界の弁護士はやれない。

 

こちらでは一転、2ちゃんねるの誹謗中傷は「意外と業務には影響ない」と180度主張を変えています。

 

このことから、唐澤貴洋は主張がコロコロ変わる信用に値しない弁護士であり、被害のアピールも本当なのか疑わしい、などと批判されています。

余談ですが、2017年12月の取材記事で、唐澤は自らの受けた被害をこのように語っています。

 

病む、完全に病む

炎上すると精神状態はどうなるのか。ネットで過剰に誹謗中傷をされると、インターネットで何を言われているのか、何が起こっているかが気になり、不安で眠れなくなる。
また、頻繁に悪夢を見るようになった。感情の起伏がなくなり、夜はアルコールがないと眠れない。当時、心療内科に行けば、なにかしらの診断がされたのではないかと思う。

 

もし、唐澤弁護士が話を大げさに盛って被害者アピールをしているのでなければ、自らの炎上騒ぎによって鬱の診断が下されるほど重篤な心理的影響を受けていたということになります。

それであれば、弁護士として不適格な心身状態であったにも関わらず、それを隠して業務を続けていたことになりはしないか、と指摘されています。

 

弁護士法(参考)

第十三条 弁護士会は、弁護士が第十二条第一項第一号、第二号及び第二項に掲げる事項について虚偽の申告をしていたとき、又は心身の故障により弁護士の職務を行わせることがその適正を欠くおそれがあるときは、資格審査会の議決に基き、日本弁護士連合会に登録取消しの請求をすることができる。

 

 


いずれにしても、前述の座談会記事にあった神田弁護士の鋭い指摘が思い起こされます。

 

神田:ネットの誹謗中傷に耐えられるメンタリティがないと、この業界の弁護士はやれない。

 

ネットの誹謗中傷対策の専門家を名乗りながら、私はネットで誹謗中傷されて完全に病んだ、うつになったなどと吹聴して回るのは弁護士失格、と判断されてしまうかもしれません。

経済的・精神的に親から自立できない、親のすねかじり、親の七光りとされた。

唐澤貴洋がネットユーザーに発見された2012年当時、彼は「恒心綜合法律事務所」という弁護士事務所を構えていました。しかし、この事務所は父親が開設していた「公認会計士・税理士 唐澤洋事務所」と共同の事務所であったことから、親に家賃を出させている半人前と疑われ、「親のすねかじり虫」と揶揄されてしまいました。


また、唐澤貴洋の過去の経歴を調べてみると、大学入学までに3年間の空白期間、弁護士登録までに2年間の空白期間があることが判明しました。この期間、唐澤は留年・浪人を繰り返していたと考えられ、経済的にもたっぷりと親に甘えられる恵まれた環境にいたと推測されてしまいました。

(ちなみに、唐澤貴洋本人はこの期間を「臥薪嘗胆の日々」と表現しています。)

 

そういった事情で32歳までまともな職歴のなかった唐澤貴洋は、坂本総合法律事務所で法曹としての第一歩を踏み出します。この坂本総合法律事務所ですが、初代所長の坂本氏と唐澤貴洋の祖父・河野一英氏は同じ明治大学OBとしての交友があったことが知られており、コネ入社だったのではないかと疑われています。

 

そして、コネ入社の疑われるその事務所をわずか半年で辞めて"独立開業"したのが、親の事務所に併設された前述の事務所ということになります。

 

ほとんど社会経験のないまま弁護士事務所を開設していることから能力が疑問視され、数十万円~数百万円にのぼる弁護士会の入会金・会費も、親に出してもらったのではないかと疑われています。

 

唐澤貴洋の父親は国内でも有数の公認会計士であり、母方の一族は政経界に繋がりの深い名門・河野家であることが知られています。こういった家柄と、唐澤貴洋自身の上記の経歴を合わせた結論として、唐澤貴洋は一族の威光を笠にきて育った世間知らずのお坊ちゃまであり、社会人として責任ある仕事を任せるにはいまいち頼りないという印象が定着してしまいました。

 

 

さて、そんな唐澤貴洋はネットユーザーに対してすぐに「親」を持ち出すことで知られています。

例えば、自分に嫌がらせするユーザーは家庭環境に問題があると決めつけたり、自分を攻撃してきたユーザーの親が「着古したコートを身にまとったシングルマザーだった」などと哀れむような表現が有名です。

Twitterのポエム『空は何色か』では親、親、親としつこく言及し、Facebookでは未成年者を指して「親の庇護のもと甘やかされている者」と、まるで自分の青年期を棚に上げたかのような発言すらしています。

 

こういった発言の数々は、唐澤貴洋が40歳を超えた今でも親という存在にコンプレックスを感じており、精神的に自立できていないことの表れではないか、と批判されています。

自分の個人情報にはうるさい癖に、他人の個人情報を平気で漏らすとされた。

唐澤貴洋は自身の炎上による具体的な被害として「実家の登記簿をとられてネット上に公開された」とか、「自分の家系図を作られた」などと主張しています。
しかし、そもそも登記簿というものは一般に公開されている情報であり、それを取得して掲示板に載せられたことが何らかの犯罪被害であるかのように語るのはおかしい、と指摘されています。


また、唐澤は卒業した大学のOB名簿から自分の住所が流出したことで、大学にクレームを入れたと発言しています。
しかし、この件で大学側に何か責められるべき点があるのか、八つ当たりではないかと疑問視する声もあります。

 

このように、唐澤貴洋は自分の個人情報流出被害を騒ぎ立てることで知られていますが、その一方で、他人の情報は無頓着であり、簡単に漏らすとして批判されています。

 

一例として、H君の所属する学部・学科が特定された経緯が挙げられます。
ネットユーザーが熱心に追っていたH君の学部・学科は、唐澤弁護士が請け負った開示請求裁判の判決文から明らかになりました。判決文の一部に、「原告(H君)はK大学○○学部○○学科に在籍する大学1年生の男性である」とハッキリ書かれてしまったのです。
唐澤弁護士が裁判所に提出する資料の中に、裁判には無関係な依頼人の属性をわざわざ書いたせいで、結果的にH君の特定・発見を助けてしまったのではないかと考えられています。

また、唐澤弁護士が監視カメラに映ったハセカラ民の映像をテレビで勝手に晒したり、自らに殺害予告をしたユーザーが「都内の印刷会社の社長の息子だった」などとかなりの精度で個人を特定できるヒントをわざわざ与えたりしていることも、無断で個人情報を晒す私刑行為ではないかと批判されています。
 
さらに、唐澤貴洋は家系図を作られるのを嫌がる割には、ハセカラ民が調べても分からなかった「青春時代に失った弟」の本名や、死因が自殺であることさえも自主的に公開してしまいました。

この弟の本名は、唐澤貴洋がこのとき公表していなければ3年後の墓誌発見までわからなかったと思われ、唐澤貴洋自身が家系図の早期完成に寄与しているのは疑いありません。

余談ですが、唐澤貴洋が「姪の小林麻央が亡くなった」とツイートし、一般報道より早い情報漏洩であるとして激しいバッシングを浴びた事件があります。

これはなりすましアカウントによる投稿でしたが、親族に関する一般に公開されていない情報を不用意に漏らすという点については、実際の唐澤貴洋の投稿との共通点を指摘する声もあります。

世間では、唐澤貴洋は「全く落ち度のない弁護士」と評価されています。

以上のような経緯から、ネット上には唐澤弁護士を「無能弁護士」「悪徳弁護士」と決めつける風潮が根強くあります。特に「無能弁護士」を唐澤貴洋の代名詞のように扱う向きもあります。

とはいえ、唐澤弁護士への嫌がらせに関する裁判の中で、検察は唐澤弁護士のことを「全く落ち度のない弁護士」と評価しています。一連の炎上騒動に関して唐澤弁護士側に何の非もないことは、ある意味で公的機関のお墨付きであるといえます。


また、一般のメディアの報道において、唐澤貴洋弁護士が炎上した理由は一貫して「高校生を助けようとした結果、攻撃のターゲットとなった」と説明されております。公共放送たるNHKも「唐澤さんは悪さや失言もしていないのに、ある日突然ネット炎上に巻き込まれました」と報道しています。

このページで紹介したエピソードの数々は紛れもない事実です。しかし、だからといって唐澤弁護士が無能弁護士や悪徳弁護士であると安易に評価して良いのか、もう一度考えてみる必要があるのではないでしょうか?

次章では

唐澤弁護士はここに挙げたように無能・悪徳弁護士として批判されているほか、弟を殺した、コーランを燃やした、脱糞など、様々な悪いうわさを囁かれてもいます。

しかし、その多くは根拠のない誤解です。そこで、次章では唐澤弁護士に関する様々な説を取り上げ、事実か誤解かを判定するとともに、なぜそのような誤解が生じてしまったのかを検証したいと思います。

次章:唐澤貴洋Q&A