H君特定までの軌跡

長年にわたる不快で悪質な発言により、多くのネットユーザーの怒りを買っていた「八神太一」ことH君は、2012年3月7日に自ら大学の合格証書を公開したことをきっかけに特定され、あらゆる個人情報を暴き出され、掲示板ユーザーの総攻撃に遭うこととなりました。

このページでは、八神太一=H君が特定されるまでの流れと、その後様々な個人情報が判明してしまった経緯を解説していきます。

 

なお、掲示板ユーザーに特定されてしまったH君はその後、「ネットに強い弁護士」こと唐澤貴洋弁護士を雇い、反撃を試みます。
しかし、掲示板ユーザーには「自業自得の炎上事件で被害者ぶって弁護士に泣きつき反撃してくるという前代未聞の行動」とみなされてさらなる反感を買い、ますます炎上してしまいます。それどころか、唐澤貴洋弁護士のユニークな言動が大いにウけたことで、唐澤弁護士を巻き込んで炎上そのものが一大ムーブメントになってしまいました。

さらには、皆が興味を失い鎮火しかけた頃に唐澤弁護士が新たな動きを見せ、騒動が再び盛り上がってしまうことで騒動が長期化。「H君最大の悪手は弁護士を雇ったこと」とまで揶揄されています。

H君が特定後、ネットユーザーから受けた攻撃については詳しくわかる!ハセカラ騒動(ハセ&カラ編)をご覧ください。

合格大学特定

コテハン・八神太一は、他のユーザーとの会話の中で「自分は高校生で、指定校推薦で大学合格済み」という情報を公開していました。八神太一はもともと虚言癖があり、非常に嫌われていたため、ライバルのコテハン・アワーを中心に「大学に受かったというのは嘘だろう?証拠でも上げてみろよ、どうせできないだろうけど」という趣旨の発言が集中することになります。
(すべての始まりの日・2012年3月7日)
これに応戦し、八神太一は大学の合格証を撮った写真を自らアップロードすることとなります。「大学名」や「自分の氏名」を隠した画像でしたので、これなら、個人を特定する材料にはならないと考えたのでしょう。
しかし、インターネット上には「あらゆる大学の合格証をまとめたサイト」が存在していたのです。そのサイトで調べると、八神太一の合格大学はK大学であることが簡単に判明してしまいました。


さて、合格大学がバレてしまった八神太一は焦り、「指定校推薦というのは嘘で、実際はAO入試だった。こんなこともあろうかと、滑り止めのK大学の合格証を晒した。だから4月から通うのは別の大学」という趣旨の言い訳をし始めます。あまりに必死に言い訳するその姿に、掲示板ユーザーは逆に「八神太一が4月から通うのはK大学」との確信を深めてしまいます。

さらに、「AO入試は通常、第一志望であることが条件」と指摘され、実際K大学のAO入試も第一志望に限られていることが確認されます。また掲示板のログから、AO入試当日も八神太一は元気に書き込みをしていたことが判明し、「八神太一は指定校推薦でK大学に合格した」ということがほぼ確実に証明されてしまったのでした。

出身高校特定

もともと、八神太一の過去の発言から、出身高校が千葉県の私立高校であることは周知の事実でした。
八神太一の通う大学名がわかったことで、次は八神太一の出身高校を特定してもっと追い込んでやろう、という気運になった掲示板ユーザー達は、膨大な量の過去の書き込みを洗い直します。

 

八神太一は、つい3日前に「高校の卒業証書」を自らアップロードしており、そこに記された卒業式の日付から、すぐに具体的な候補が幾つかに絞り込まれてしまいました。

さらに、候補となった高校のカリキュラムと、八神太一の過去の発言(文化祭の日程、創立記念日の日程、簿記の授業があること、ダンス部があること、声優の悠木碧と同じクラスという嘘の自慢など)をすり合わせると、有力候補として「C高校」が浮上しました。

さらに、C高校の推薦指定校にK大学が含まれていることも確認され、八神太一の出身高校が「C高校」である可能性はほぼ確実なものとなります。

本名特定

C高校出身、K大学入学予定という2つの情報を手に入れた掲示板ユーザーは、八神太一のさらなる個人情報の入手を期待し、当時最王手のSNSであった「mixi」に目をつけます。

mixiのプロフィールに「C高校」「K大学」と記載されているユーザーを検索したところ、なんと、「つい数分前に自身のプロフィールの『K大学』を『亜細亜大学』に書き換えた形跡がある」という怪しすぎる青年のアカウントが見つかります。

この青年の名前を、以後H君と呼称します。
H君のmixiアカウントは、H君の個人ブログやTwitterと繋がっていました。そこで、それらのブログ・Twitterの書き込みを調べてみると、態度や口調こそ全く異なるものの、書いている内容には八神太一の発言との一致点が数多く見つかりました。
とはいえこの段階では、「八神太一=H君」は99.9%確実とされながらも、言い逃れできないほど決定的な証拠はまだありませんでした。そのため、ここでH君が白を切り通せば最悪の事態は防げたのかもしれません。

 

しかし、何を思ったか突然H君は、mixiアカウントのプロフィールに「開き直る、ワイが八神や」と記載してしまいます。
本人の開き直りにより、八神太一=H君が100%確定した一瞬でした。

この瞬間から、八神太一の本名Hが掲示板じゅうに拡散しはじめます。

 

99.9%と100%の違いはあまりに大きく、なぜH君がわざわざ「首を差し出した」のかは理解を超えるところですが、一説として「特定の恐怖より目立ちたい欲望が勝ったのでは?」と指摘されています。
事実、開き直った後のH君は、「正直今が俺のコテ人生のピークだよな もう町田超えただろ」とはしゃいだり、自ら2ちゃんねるで「【速報】H参上!!!」というスレを立てたり、「C高校○○科3年○組のH君!!」と呼びかけられて「はーい^^」と返事する有様でした。

実家の住所特定・父親の名前特定

さて、H君のmixiアカウントの「マイミク」(友達)を検証すると、ほとんどがM小学校、M中学校の出身者であることが判明しました。それで、H君自身の出身校もM小学校、M中学校であることが容易に推察されました。

このことから、実家の住所が千葉県M市のごく狭い範囲に限定されることとなりました。
(ここまでが、合格証書がアップロードされた2012年3月7日に起きた出来事です。)

それから時は流れ、約1年後。

ゼンリン住宅地図を用いた机上調査や実地調査などにより、この頃までにH君の自宅候補は2~3軒にまで絞られていました(そのうちの1軒を以後、ニーナハッサンと呼称します)。

候補となった2~3軒のうち、どれがH君の家なのかは決め手を欠く状況でしたが、「犬を飼っていない」という理由によりニーナハッサンが目下最有力候補とされていました。というのは、自分語りがとにかく大好きなH君は、犬を飼っていたとすればその話を何度かしていたに違いない、と推理されたのです。
その後、ニーナハッサンの不動産登記簿謄本が取得され、H君が「今の場所に引っ越してきた」と語っていた時期とニーナハッサンが新築された時期が一致することなどから、H君の実家=ニーナハッサンが99.9%確定。ついでに、不動産の所有者であるH君の父親の名前も特定されてしまいました。
この頃から、人違いのリスクが低まったことで、ニーナハッサンの住所を広めようとする者が増えてきます。

 

さて、住所特定までの1年間の間に、とある関係者がC高校の卒業アルバムを公開していました。
高画質なH君の顔写真を入手した掲示板ユーザー達は、様々な写真にH君の顔を合成するなどの「コラ画像」を作成し、面白半分でTwitterやブログなどで拡散しはじめます。


そんな中、コラ画像の一つ「大学生にありがちな髪型」が、H君の元同級生たちの目に止まってしまいます。
元同級生の一人、S氏はTwitterで「これHじゃないの?」と発言。そして、元同級生たちとTwitter上で盛り上がる中、ついにこのような発言をしてしまいます。

「てかね、住所特定までされてんだよ?しかもちゃんとHの家だったし..(^o^;) あいつなにやらかしたのwww」
こうして、思わぬところから元同級生のお墨付きを得たことで、H君の実家=ニーナハッサンが100%確定してしまったのでした。

大学の学科特定

さて、H君特定の嚆矢となったのは、「4月からK大学に通う」という情報でした。
しかし、入学前にこれだけの騒ぎを起こしたH君が、本当にK大学に通うのか(通えるのか)と疑問に思うユーザーも多数おりました。
また、もしK大学に通っているならば、何学科なのか(法学部であることは自らブログで発言していたことから判明済み)、担当のゼミ教授は誰なのか、サークルは入っているのか、どのような学生生活を送っているのか等々、掲示板ユーザーの興味は尽きません。
このうち、一部の質問の答は、意外なところから判明することとなります。

原告・H君、代理人弁護士・唐澤貴洋が訴えたIP開示請求裁判の判例が公開され、その中にハッキリと「原告は、現在、K大学法学部G学科に在籍する大学1年生の男性である」と記載されてしまっていたのです。
なんとも皮肉なことに、裁判を起こしたことがH君の個人情報の1ピースを埋めてしまったのでした。

これについては、「裁判を起こすにあたって被害者の学部・学科の情報はまったく不要であり、わざわざ余計なことを書いた唐澤弁護士の失敗ではないか?」「高い報酬を払って、慰謝料も期待できない裁判で、被害者の個人情報を公開するとは、唐澤弁護士はいったいどっちの味方なんだ?」と批判が相次ぐこととなりました。

その後も…

・大学の同級生を名乗るリーク者によって所属サークル(および内情)を暴露される。
・「H君を名乗った欠席報告メールを、学内のゼミ担当教授に総当りで送る」という手法により、所属ゼミが割り出される。
・玄関マット盗難・ゴミ漁りにより、母親の名前が特定される。
・mixiやTwitterからの発掘により、弟の名前が特定される。
など、H君の個人情報や私生活が、次々と暴露されていくのでした。

しかし、2016年3月をもってH君はK大学を卒業したことが確認されています。その後の現住所や勤務先などについては一切知られておらず、H君は掲示板ユーザーの魔の手から完全に逃げ切ることに成功しているのが現状です
現在、ハセカラ騒動関係の掲示板では、唐澤貴洋弁護士や、本騒動から派生した別のターゲット等が話題の中心となっているため、H君の特定・嫌がらせは完全に下火になっています。